バレエ留学は何歳から行ける?

バレエ留学は何歳から行ける?

バレエ留学は何歳から行ける? バレエを習わせるのは3歳からが最適と言われています。
しかし実際踊るとなると小さな子供が無理に踊ると、踊りに変な癖がついたり体を痛めたり、脚の形が悪くなる可能性もあります。
なので3歳ごろから学ぶというのは簡単なキッズダンスのようなもので本格的なものは踊るべきではないと考えられます。
指導されてることがわかり、骨や筋肉がある程度完成する10歳ごろからバレエを習い始めるのがいいかもしれません。
そこからしっかり練習して踊れるようになってから留学するのが望ましいです。
自分の意思で行動ができプロダンサーになりたいと考え始めてから留学に行くべき年齢かと思います。
無理に押し付けても伸びませんし、本当に好きだと実感しないと長続きしないでしょう。
何歳からと問われると練習時間もあり中学1年生、12~13歳ぐらいになってしまうかもしれません。
自己管理ができ英語もある程度学ぶべきなので時間はかかりそうですね。
どこの留学状況をみても大体13歳とかが最少年齢なので勉強時間、練習時間、身体の完成するまでの時間があり最少年齢になってしまうのでしょう。
フランスとかみると10歳ぐらいから入れるようですが、小さすぎても身体を壊すだけになってしまうのでしっかり配慮して留学しましょう。
なので最少年齢よりも上記のようなことを考えて何歳から行くべきか決めるのが良いかと考えます。

バレエ留学に備えてしなければいけない事

バレエ留学に備えてしなければいけない事 留学というのはバレエに限らず、外国で一定期間生活することです。
ですから、その国の風土や慣習が自分に合うかどうかということは、非常に重要なことです。
バレエのレッスンは自分に合っていて有意義でも、生活がストレスフルでは、そのために留学を途中であきらめる、ということにもなりかねません。
これは非常にもったいないことです。
ですから、行き先がはっきりしているなら、まずレッスンに備えて現地の語学学校に行きながら、語学と生活に慣れることから始めるのも一策です。
急がば回れ、がいい結果に結びつくことも多いものです。
予算も十分に備えておかなければいけません。
ですから、学費、滞在費、生活費を考えるうえで、その国の物価や為替レートを調べておく必要があります。
学費については、ヨーロッパの国公立の学校は大多数が登録料を除いて授業料は無料でしたが、近年は少しずつ学費が必要になっています。
教育システムの変化で変動するかもしれませんから、よく調べて、高めに設定しておく必要があります。
バレエ留学に備えて、しておかなければいけないことで、最も大事なことは「何のために行くのか」「自分の夢や目標は何か」ということを明確にしておくことです。
壁にぶつかった時、原点に立ち戻れれば、また前に進む気持ちを持つことができるはずです。

幅広ジャンルのダンスを学ぶなら・・・
東京ダンスヴィレッジ